Jr.NIPPON とは

Pocket

Jr.NIPPON 空手道チームとは
ジュニアの国際大会の数が少なかった1997年に、有望な少年少女に技術の向上や海外での大会への出場機会を与える為、尚心派糸東流空手道拳心会の横瀬幸男師範が発足させました。これからの空手界を担う子供たちに「世界に出ても通用する選手になってもらいたい」という思いでした。

設立以来数多くの国際大会で世界的に優秀な成績を達成し、当時の世界チャンピオン片田貴士選手を始め卓越した人材を育成しています。多くの代表選手を輩出し、国際経験豊富な元代表選手や現役選手を中心とした指導員が指導にあたっています。

常任コーチ陣
代表)横瀬幸男
長谷目秀久
月井新
宮武正樹
長谷川由美
川上剛史

主な活動
・空手道の普及活動。
・日本トップクラスの指導員による稽古。
・世界トップクラスのアスリートを指導員として招いた合宿やオンライン稽古の開催。
・空手や健康に関連した情報の提供。

 

With 「Jr.IPPON karate team」in 1997, when there were few junior international competitions, To give promising boys and girls the opportunity to improve their skills and participate in international competitions.

尚心派糸東流空手道拳心会master Yokose has been established.

He has produced many national team players, and is still under the leadership of former national team players and coaches, mainly active players.

 

Main activity

・We’re focusing on the diffusion of karate

・Be in charge of training by a top coach in Japan.

・We have invited some of the world’s top players and are holding a training camp.

・We provide information on karate and health.

 

 

 

K-1 WORLD GP 2005 in TOKYO 演武の様子

 

 

タイトルとURLをコピーしました